中古デスクトップパソコンの処理速度

パソコンの処理速度というのは、起動・終了・データ保存にかかる時間のことです。この時間が短いパソコンは、処理速度が速いパソコンという位置づけになります。中古デスクトップパソコンと中古ノートパソコンで処理速度を比べてみれば、処理速度が速いのは断然デスクトップ型です。ノートパソコンはコンパクトに使うことに重きが置かれているので、デスクトップに比べれば処理速度は落ちます。ただ、普通に個人宅で使う分には、さほど不便さはないとも言われています。デスクトップ型とノート型の一番の違いと言えば、本体とモニターが分かれているということです。つまり、モニターは自分で選択することが可能ということになります。また、キーボードも別になっているので、文章を大量に打つ人などは使いやすいキーボードを後づけして使いやすいようにカスタマイズしやすいという拡張性も高いです。


最初の自分専用パソコンは中古デスクトップ

私が始めてパソコンというものに興味を持ったのは、仕事でパソコンを使い始めてからです。仕事で使ったのは表計算ソフトとワープロソフトの二種類だけなのですが、その効果は絶大でした。一度作成した文書やデータが、繰り返し使えるのが、最大の魅力でした。私はどうしても、自宅に自分専用のパソコンを持ちたくてしかたがありませんでした。当時のパソコンはデスクトップが主体だったのですが、お値段が高くて、現在の価格の3倍以上しました。秋葉原の中古パソコン屋で中古デスクトップを購入したのが、最初の自分専用パソコン経験だったのです。中古パソコンの魅力は、やはりなんと言っても、そのお値段が安いということにつきます。現在売り出されているパソコンでもハイエンドを追及すれば、個人的に相当な出費となってしまいます。仕事で表計算とワープロしか使わないので、ハイエンドの最高級パソコンである必要はありません。


パソコンを購入するのなら中古デスクトップ

中古パソコンとは通常2年から3年使用されたパソコンのことで、売却処分されて、それが中古市場に流れます。ところがこの中古パソコンの中には、新品と見間違えるような新しいものもあります。つまり、中古パソコンといっても大別して二種類あるということになります。新品と見間違えるようなパソコンが市場に流れるのには理由がありました。それはパソコンの頻繁なモデルチェンジによるのです。同じ名前のパソコンでも、一年に何度もモデルチェンジして、新製品が出て来ますが、これは販売競争のなせる業なんです。いずれもマイナーなモデルチェンジが主体なんです。私がパソコンを購入する場合には、自分の購入したいパソコンのスペックを十分に研究した後に、中古パソコン販売店にも顔を出します。中古パソコンだと、新製品として売り出される価格の半分以下のお値段で購入できることが多いからです。中古のパソコンを購入するのなら、ノートブックよりも中古デスクトップがおすすめです。それは、いざ故障したときに、修理が簡単に出来るからなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です