中古デスクトップパソコンを選ぶときのポイント

中古デスクトップパソコンを買うのならば、以下のようなことに気をつけて買うとハズレを引く可能性を減らせます。まず、説明書の有無です。最近はインターネットで説明書を閲覧することが出来る製品がほとんどですが、まずスタート時点でつまずいてしまうと前に進めないので、出来れば説明書の有る製品を購入しましょう。次に、付属品についてです。パソコンを出荷当初に戻す為のリカバリディスク、OSの再インストールのためのディスク、マザーボードのドライバーインストールディスクは最低限ある製品が良いです。他には、傷や汚れについてです。傷や汚れが酷いものほど安くなっていることもあります。もし価格が安ければ良いというのであれば、ここは妥協ポイントとして扱っても良いかもしれません。最後に、保証についてです。中古パソコンは保証期間切れが普通ですから、不安な人は保証がしっかりしている中古店で購入するようにしましょう。


国内メーカー物の中古デスクトップパソコン

大手メーカー以外のパソコン製品は確かに安いですが、それだけに保証の面で不安があったり、すぐに壊れてしまうことも少なくありません。中古デスクトップパソコンを買う時も、新品購入時と同じ考え方で、よほどのパソコン上級者でない限りは、メーカー製品を購入した方が安心です。狙い目は、国内メーカーの中古デスクトップ製品です。メーカー製でないものは、結構当たり外れが大きいです。1年経たずに壊れて動かなくなってしまうこともあります。また、メーカー品以外は保証がついていない製品もあり、修理費用が高いので売ったという中古品もあります。そういう製品に当たってしまいたくなければ、やはり国内のメーカー品を狙うべきでしょう。もし国内以外のメーカー品を使いたいのであれば、中古品よりは新品で購入したほうが良いです。中古品はメーカー品を買う、と覚えておきましょう。


ショップブランドの中古デスクトップはどうか?

パソコンには、メーカー品以外にもパソコンショップが独自に販売しているショップブランドのパソコンもあります。ショップブランドの中古デスクトップパソコンを買うメリットは、スペックが高い割に価格が抑えられている所です。逆にデメリットとしては、メーカー品よりもショップブランドの中古品は壊れやすいということです。ただ、中古デスクトップパソコンならば万が一、パソコンが壊れてもパーツ交換が比較的簡単に出来ますし、交換するためのパーツも、購入したお店に行けばすぐに見つけられる可能性が高いです。パーツ一つ一つが安ければ、さほど費用をかけずに高スペックで使えるパソコンを持つことが出来ます。つまり、自分でパーツ交換する自信のない人や、ある程度のスペックで良いので、信頼できる中古製品を購入したいという人はメーカー品、それ以外の人はショップブランド品でも良いということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です